30代40代が婚活で絶対成功するコツと秘訣!イベント口コミ体験談

30代40代が婚活成功のためのコツと秘訣を伝授!大手からマイナー相談所や婚活パーティー、合コンサイト、習い事やサークルまで潜入してきたので体験談を書こうと思います!

30代のバツイチ同士が結婚相手と出会えた場所はココ!

仕事は、出版社で編集・企画業務を行っています。 年齢は33ん歳になりました。ライセンス事業も含み、他社のカタログを作成したり、自社自社発行の雑誌記事を作ったりしております。

 

基本的には紙面ですが、WEB記事作成も行っております。

 

 

 

f:id:finds:20170806142051p:plain

バツイチ同士の出会の場はネットの婚活アプリ

 

結婚相手は、まったく異業種の金融機関に勤務しております。出会ったのは婚活サイトです。


実は相手はバツイチの方です。お子さんはいらっしゃいません。あまりヘビーではないですが喫煙をするため、女性からはモテないということでした。

最初は存じ上げなかったのですが、話がとてもスマートだと感じながら会話をしておりました。

 

少しづつ打ち解けた時に、ふと大学の話になりました。私自身も国立大学を卒業しておりますが、彼ば東大出身者だったので驚きました。

東大を卒業し、その後、新卒からずっと金融で働いているとのことでした。メインは証券ですが、一時期、出向で銀行へ勤務していたとのことです。

働いているものの向上心が強く、常に勉強しているタイプでした。休みの日や、デートの無い時は、ほとんど勉強していたと言っても過言ではありません。

付き合うきっかけとなったのは、婚活アプリでの出会いです。サイトの名前はpairs です。


私もバツイチ、彼もバツイチでしたので、普通の結婚相談所だと条件が悪いのです。だからネットを使いました。

 

はじめはそこまで期待していなかったのですが、なんとなく互いの共通点を見つけ、連絡をとるようになりました。



その後、何度か会う約束をしたのですが彼の仕事が忙しく、何度もリスケになりました。正直、もう無理かなと思っていました。

 

多分彼の条件だけで申し込んでくる女性は多かったのでしょう・・・。

しかし、ある時、タイミングよく彼から連絡があり、神楽坂で会うこととなりました。
軽くご飯を食べながらお酒をいただき、とてもいい雰囲気だったので、そのまま2件目のバーに行きました。

互いに雰囲気に惹かれたのと、会話が楽しかったため、すっかり話し込んでしまいました。お酒が入ったいきおいで、少し普段だと聞きにくい質問(離婚の原因など)もザックバランに話しました。

 

それが逆に良かったのかもしれません。互いをよく知ることが出来、付き合うこととなりました。

自分に素直に、相手の質問には真摯に。が身をむすんだと思います。

 

多分ネットで先に話しておかなければ、こういう話はできなかったと思います。

 

www.youtube.com

婚活アプリで知り合った相手と結婚を決めた理由とは?

 

決め手となったのは、お相手の人柄と雰囲気、そして経済力です。経済力については、優先度は低かったのですが、贅沢はしなくてもいいので、ごく普通の幸せな生活がでいればいいなと思っていました。

 

朝起きて、家族みんなで食事をし、旦那と子どもを会社と学校へ送り出し、私は家事をする。フリーライターとして働いてもいいかなと思っていました。

子どもが帰ることには、自宅へ帰り、「おかえり」と迎えてあげる。子どもの話を聞きながら、部活や友達の話に耳をかたむける。

 

子どもと一緒にゆっくりとお風呂に入り、夕食の準備をしながら旦那を待つ。皆で食事をとりながら、時には遅く帰宅する旦那と晩酌しながら、今日あったことを話をして一日を終える。こんな普通の幸せな形が欲しいなと思っていました。

こんな普通の生活を夢見ていましたが、この人だったら一緒に生活していけるなという未来像を描くことができたので、それが結婚の決め手となりました。

1度結婚に失敗しバツイチになったからこそ、このイメージは大切だなと感じておりました。

 

現実的にこの人と暮らせるか。年齢を重ねても、この人と楽しく暮らしていけるだろうか。という点が決めてとなりました。

育った環境も全く異なる他人が一緒に暮らすというのは、そういうことだと思います。良い面も悪い面も認められて、時には喧嘩もするけれど、しっかり話し合える関係が重要だと思います。


当時相手に求めていた条件は、人を大切にしてくれること。

 

です。最初の結婚生活は旦那の暴力が原因で別れたので、人を大切に、家族や同僚、友人に優しさを持って接することができる人というのが条件でした。あとは、有る程度自立して最低限の礼儀のある方ということが条件でした。

 

ネット婚活後に思う結婚生活について

 

結婚は育った環境も異なる他人が一緒に生活をするというもの。自分の価値観をぶつけるだけでは破綻してしまいます。

 

お料理の味付け、アイロンのかけ方。いろいろなクセのようなものがでてくると思います。そういう価値観の違いが出てきた時は、溜め込まずしっかり話し合うことが大切だと思います。

 

どちらか一方の意見だけを押し付けるのは、相手のストレスになる。それに対する意見を言えない状態であれば、それはまたストレスにつながる。そのため、良くも悪くも互いにいろいろ話し合える環境が必要だと思います。


また、自分が「嫌だな」と思って、我慢できなさそうな時は、感じていることをしっかりと伝える。これは非常に重要です。

あと、大きな変化といえば、小さなことへのこだわりがなくなりました。結婚して家族ができ、自分の思うようにはいかないことも多いですが、家族で一緒に過ごす時間は本当に幸せです。

 

子どもが小さい頃は、全く自分の意思が通らず、よく泣かれ、ストレスも溜まりますが、家族といるととても癒され、この小さな命を守れるのであれば自分は二の次でいいかな。

 

子どもと旦那を優先しようと思うようになりました。結婚して、子育てを経て、小さなことを気にするよりも、もっと大切な家族の絆に気づくことができました。