読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代40代が婚活で絶対成功するコツと秘訣!イベント口コミ体験談

30代40代が婚活成功のためのコツと秘訣を伝授!大手からマイナー相談所や婚活パーティー、合コンサイト、習い事やサークルまで潜入してきたので体験談を書こうと思います!

婚活初対面で相手を引き付けるための会話のコツと模範例文

人は見た目が9割という本もベストセラーになったが、パーティで大切なのはとにかく見た目、それで90パーセントが決まってしまうと言われるのだが、

 

それを補うのが会話力であり、うまくいけば見た目とのギャップで相乗効果が生まれる場合もある

 

 

そこで言語学の視点から言うと実は人はそれほど会話の意味内容を重視しない。婚活パーティは多人数対多人数の初対面の会話が延々と続く場所。

 

そこで注意すべき点は会話の内容そのものではなく、どう話すか、どう相手とコミュニケーションをとったかということ。

 

おそらく一般の人は話し方講座などに出席したことはないと思うので、ここで簡単に相手を引き付けて自分PRするための話し方のコツを書く

 

f:id:finds:20160108080959j:plain


① アイコンタクト

相手に合わせる視線のこと。相手を5秒以上見つめることが出来ればOK、目をそらすと動物もつかみかかってくるように、相手に不信感・不安感を与える

 

② 

実は早口な人は本当に話すスピードが速いだけではなく、言葉と言葉の間に区切り、つまり間がないことが多い。焦ってしまうと早くなりがちだが、間をしっかりと意識して安心感を与えよう

 

③ イントネーション・声の大きさ

強調するべき点は大声でというのは当たり前だが、相手への賛同、同意のリアクションに喪つながるので大切。お笑いの突っ込みはこれを最高に重視している

 

以上三つを気をつけるだけでまったく会話のうまさが違ってくる。話し方はお笑い芸人や司会者に学ぶと良い。自分が話がうまい、突込みがうまいという芸能人をまねること。

 

f:id:finds:20160108081108j:plain

婚活やお見合いで相手を惹きつける会話の具体例とお手本

実際に会話内容がわからないという人もいると思うのでオーソドックスな婚活パーティの会話の内容とコツを書く。

 

① 「はじめまして○○です!よろしくお願いします」という

 

※ 名前+よろしくお願いしますを加えること。いきなり相手への質問からは入らないこと。自分緊張している場合は「緊張しちゃって・・・」と素直に言えば高感度も高い。

 

次に相手のプロフィールを見て相手への質問から入ること(特に男性)いきなり自分の紹介をしない。データの交換をすると失敗する。具体的には趣味・興味・関心などから自分が話題が引っ張れそうなものを見て続ける

 

f:id:finds:20160108081254j:plain

 

② 「へー○○さんって△△に興味があるんですか?」「△△って□□ですよね」「実は私も・・」

 

と言った感じで相手に興味を持つことが大切。相手に興味を持つ=自分に興味を持つということなのだからその順番を前後しないように。良く言う相手との共通点を探せということだ。

 

司会者だとタモリや明石さんまなどプロ芸人はどんな人の中にでも共通点を探し、自分の経験談と結び付けていることに気づくはず。

 

そのリアクションはオーバーでよい。喫茶店でこのリアクションをしたらまずいが、婚活パーティはあくまで出会いのパーティである。

f:id:finds:20160108081323j:plain


③ 「ありがとうございました、お話できて良かったです(楽しかったです)」

 

これを加えるかどうかでその人の人間性が違ってくる。例えもりあがらなくってもしっかり会話のお礼を言うこと。社会人としてスマートであるしかっこよい。

以上の三点は会話の中にかならず盛り込むと良いだろう

 

婚活の会話を盛り下げてしまう会話と内容

 

さらに続けて婚活パーティでのタブーを書くことにする。一般的な常識に照らし合わせさえさえすれば何も声高に言うことでもないのであるが、一応心に留めてから出かけよう

 

  • ① 「暇」、「ずっと相手がいない」、「さびしい」、「仕事だけの毎日」、「出会いがない」、「毎日が退屈」などのネガティブワードを使ってしまう。

 

もてないからパーティに来たのは良いとしても、それを愚痴るのは後でよい。どうしてパーティに来たのか?

 

という質問に対しては上級者なら「○○さんに会いたい」と会話でいえるのであるが、初級者は「仕事に気合が合い理過ぎたけど、仕事は彼氏や彼女ではないと気づいた」くらいのことは言ってほしい。

 

f:id:finds:20160108100719j:plain

 

  • ② 「高級車に乗っている」「高級マンションを持っている」など持ち物を前面にアピール

 

遠まわしに言えば女性に対しては相当効果のあるセリフだが、いきなり持ち出すと自慢っぽく聞こえるので注意。(セレブ系のパーティでは男性がみんなこんな話ばかり・・・)それよりも「新しい車がかわいい」「マンションの近くにカフェがある」など楽しい話題に変えるべき

 

 

  • ③「癒してあげます」、「一緒にいてあげます」、「笑わせてあげます」、 「○○に連れて行ってあげます」、「高級車に乗せてあげます」

 

 

フリータイムならまだしも、初回の会話でやるとナンパ師と間違えられる。メルアドなどを交換した後で最後のお誘いメールとしてこのようなセリフを変形して使うのならOKだが「してあげる系」の言い方はタブーだと思ったほうが良い

 

 

  • ④ 「年収は?」「地位は?」などお金に直結する系の質問

これは女性に多いのだが、大抵これでアウト。自慢したい男もいるので、それは聞き流しておけば良いが、お金を聞くと嫌われる。

 

一番女性が知りたいポイントであるが、婚活パーティ内では具体的に避けるべき。企業名も聞きたがったり、名刺をもらいたがったりするのもよろしくない。経済力を知りたくてもぐっとこらえるべき。